コピー機をリースで利用

コピー機をリースで利用することを考えている人もいるでしょうが、どんなメリットがあり、どんな場合に利用するのが良いのでしょうか。

まず、コピー機のリースというのは個人的な目的では利用できません。これは一般的に言って機器がビジネス用の大型でコピー速度も速く、そのため料金もそれなりの金額になるようなケースが多いためという理由だけではありません。そもそもリース契約というのは法人が主体になることが基本で、個人レベルでは、たとえ趣味のためにビジネス向けと同じくらいに高性能なコピー機を使いたいと希望する場合であってもできないのです。

その場合は購入するか、それともレンタルなど別の方法で借りるか、あるいはいっそのこと法人化するかしか方法がありません。このことを踏まえた上でのメリットですが、借りることで初期費用を抑え、かつ毎月の利用料金は業務上の経費として処理できるうえ、使っているコピー機は自分の会社の資産ではありませんから固定資産税もかからず減価償却も不要というように税制面での利用価値が大きいということになります。

しかもリースでは新品を導入できますし、機種についても自分が指定する製品を納入してもらうことができます。IT機器のように技術の進歩が激しいものについては、あえてお金を出して所有しても数年もすれば陳腐化して使い物にならなくなるというのはごく普通にあることで、所有にこだわらず借りるということの利点が大きいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *