コピー機のリースとは

コピー機のリースとは、リース会社からコピー機を予め約束した一定の期間にわたって借り、その間は毎月利用料を支払うという契約をすることです。

要するに自分で買って使うのではなくて、お金を払って借りて使うということになります。なぜ買うのではなく借りるのか、どういうメリットがあるのかが気になるでしょうが、大きなものはやはり費用です。買うとなると最初にまとまったお金が必要になります。一方で借りる場合は、最初にまとまったお金は必要ありません。毎月決まった金額を支払うだけで良いので、特に初期段階での負担が小さくなるというメリットがあるのです。

ですが、トータルでみるとどうなのかという疑問は当然生じるでしょう。毎月の負担は小さくても長い年月にわたって支払い続けるのであれば結局は買ったほうが安いのではないかというわけです。これはある意味でそのとおりの面がありますが、会社においては話はそう単純なものではありません。というのも毎月の利用料は経費として売上高から差し引くことができるためで、結果として利益を圧縮することができ、税金が安くなることにつながるからです。

この点は一般の個人の場合には当てはまらない、会社組織特有の事情と言えるかもしれません。また、コピー機のようなオフィス機器は技術の進歩も早く、数年前の製品は機能面で今では使い物にならないということもあります。リースであれば契約期間終了後には返却してまた新しい機種を借りることも容易で、技術の進歩に対応しやすいという意味もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *