コピー機のリースを考えてみる

コピー機のリースを考えている人もいるでしょうが、単なるレンタルと同じようなものと思っている人もいますので違いを明らかにしておきましょう。

どちらもコピー機を借りるものであることに違いはないのですが、仕組みにはかなり大きな差異があります。基本的な考え方として、リースとは、自分が使いたい新品のコピー機をリース会社に購入してもらった上で、それを数年といった比較的長期にわたって月々代金を支払いつつ借りて使う契約ということになります。自分が使いたい機種を自分で選び、それを購入してもらった上で借りて使うという点は知らない人も多いのではないでしょうか。

レンタル品のように、貸す側が予め所有しているラインナップの中から借りるという仕組みではないわけです。この仕組みから、使える機種は必然的に新品となります。自分で市場から購入するのと同じというわけです。値段が安くて済むだろうからと、中古品を借りるという方法は原則的に存在しませんから、そのような申し出をして笑われることのないように注意しましょう。

また、借りる期間が比較的長期間であり、かつ、契約したその期間内は必ず借り続けることが前提となることにも注意が必要です。つまり、原則的には中途解約というものが存在しません。契約期間途中でもう使わなくなったから返品して残りの期間の費用は払わなくて済むという訳にはいかないということです。契約した分の費用は全て支払わなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *