コピー機をリースで使用する際の注意

最近は自社でコピー機を購入せず、リースで利用するケースも増えています。

自社設備を持たないことから設備に関する税金やその維持費等の費用が軽減され、場合によってはリース費用も必要経費で処理をすることが可能な場合が多いことから、より効果的な経費節減を行うことができると考えられているのです。実際に購入をした場合には購入費用の1時的な出費によるキャッシュフローの悪化や、設備償却にかかる税金の問題などが発生するため、企業の経営を圧迫する事態となることも少なくありません。リースを利用することでその費用が必要経費で処理することが可能となり、税金の面でも優遇を受けることができる可能性が高いのです。

しかしコピー機をリースする場合には、その契約内容に関し十分に確認をして問題がないことをチェックすることが重要です。一般的にリースの場合には契約期間が決められており、その契約期間内に中途解約をする場合にはペナルティが課せられる事は少なくありません、しかし、基本的には契約期間は一般的な設備償却期間と同じに設定されることもあり、万が一これを短くした場合には毎月の料金が高額となることが多いのです。

現代のコピー機はその機能の進化が著しく、1年程度の経過でも新たな効果的な機能が搭載されることが多くなっています。そのため、毎月の費用が安いからと長期の契約を行った場合、逆に出費が大きくなってしまうことも少なくありません。そのため、必要な機能を十分に網羅しているコピー機を選びできるだけ中途解約をしないようにするとともに、新たな魅力的な機種が登場した場合には業務効率やその他の費用と十分に照らし合わせて解約の選択をとることも必要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *