コピー機をリースすることで得られるメリット

紙資源を大事にしよう、あまり使いすぎないようにしようという呼びかけは年々高まってきています。

しかしそれでもビジネスの場では、コピー機は無くてはならないものです。というのもやはり紙資料を無くすことは難しいということもありますし、紙資源を電子化するにもコピー機は必須だからです。なので事業所などを新規開設する際などはこの機器を導入することが一般的となっています。しかし、購入するといってもコピー機はそんなに安いものではありません。そこで良く取られる手段が、リース契約でこの機器を調達するということです。

では、具体的にはリースにはどんなメリットがあるというのでしょうか。そこには、ただ購入するだけでは得られない複数の利点があったのです。まずリースにしてもっとも大きな点は、初期導入費用を分散できるという点となります。通常購入すると機器代金が掛かってくるのでキャッシュフロー的には負担となりますが、リースであれば月々の料金が主となり導入費はあまり掛からないのでビジネスの場では非常に大きなメリットがあると言えるのです。

またリースにしておけば、年々進化するコピー機の性能に合わせて最新の機種へ置き換えるといったことも比較的容易なものとなってきます。他には故障した際の入れ替えも、負担が少なく可能なことが多いようです。さらに同じような導入方法としてレンタルも挙げられますが、こちらは短期間契約が結びやすい代わりに料金が高めのものとなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *