コピー機をリースするメリットは

コピー機をリースするメリットは、費用面でいろいろなメリットがあるということになるでしょう。

このメリットは個人レベルでも当てはまることがありますが、基本的には会社などの法人や個人事業主などに当てはまることで、そのため実際には個人レベルでのリースが認められることはまずありえません。コピー機のリースというと必然的に会社など仕事の場で発生するものということになります。例えば初期費用が抑えられます。

今どきコピー機1台の値段などたかが知れているのではと言う人もいるかもしれませんが、業務用の複合機となると家庭用のものとは桁違いの値段になることでしょうし、ベンチャー企業とか、事業の立ち上げの時期には少しでも出費を控えて本業の運転資金に回したいと思うはずです。借りて使っている最中にも費用面のメリットがあります。毎月の利用料金は経費とすることができますから、その分だけ見かけ上の利益が少なくなり、節税につながります。

一方であくまでも借り物なのですからコピー機そのものが会社の資産として計上されてしまうこともありません。他には、自分の使いたい機種が、新品状態で使うことができるというメリットもあります。レンタルでは自分の使いたい機種があるとは限らないでしょうが、リースの場合は自分の使いたい機種を指定できるのがメリットの一つであり、指定した機種をリース会社に購入してもらったうえで自分が借りる契約になっているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *