コピー機をリースするときに契約する保守契約の注意点

修理代金が馬鹿にならないので、コピー機のリース契約を締結する場合に一緒に保守契約を結ぶことをおすすめします。

コピー機は、どんなに品質のいいものを丁寧に利用していても壊れてしまう可能性があり、99%の利用者は故障を経験しているとも言われています。保守契約を締結する場合には、費用を確認しましょう。費用の相場は数千円から数万円で幅があります。これはサービス内容により異なり、カウンター料金の有無や印刷単価の安い高いなどに影響しています。

また、サービス提供元がどれだけ利益を取ろうとしているかも関係しているでしょう。そのため、費用が高ければいいサービスとは必ずしもならないことに注意が必要。コピーのリース契約をした場合には途中で契約を解除できないのが一般的です。しかし、保守契約の場合は契約途中で解除できるかは会社によりことなります。

保守料金も年間で考えたら馬鹿にならないので、この点よく考えるのがおすすめ。独自のサービスをしていることを売りにしている会社があります。しかし、そのサービスをお客に提供するためにコストがかかり、それは保守費用から捻出されているでしょう。本当に必要なサービスであれば別ですが、なんだかよさそうだ程度の場合、コストパフォーマンスのよさを考えた方がいいです。コピー機をリースする場合に色々と知識をインプットすることが多く、ちょっと面倒くさいと思う人も。しかし、そのあとにはコストが削減できたり満足度アップしたりすることが期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *