コピー機のリース契約更新のとき

コピー機をリース契約により一定期間たとえば単年度契約などを取り交わしている場合には、その後の契約をどうしていくかが問題になります。

このときそのまま同じところと契約を更新する場合もあれば、別の企業などと契約を改めて交わす場合もあるわけです。このとき契約が終了したときには、そのままコピー機が必要な場合特に途切れることなく使用が出来るように、リース契約を交わす必要があります。

今までとは別のところと契約を交わすようになったときには、特に注意が必要です。今までと同じようにコピーなり印刷なりが出来ると思っていたら、不具合が発生して使用が出来なくなり業務に支障が出たということも起こり得ます。使用する人が困らないようにすることが重要であり、その点でも契約には慎重さが求められます。

事務所の移転などでコピー機のリース契約を終了するような場合もあるわけですが、この場合は契約の終了の相談を前もって行い、早期に話をつけておくことが重要です。いきなり契約を終わりますでは、コピー機のリース会社は困ってしまいます。また契約違反として、迷惑料などの請求も発生する事態も考慮しなければならなくなります。提供をする側と提供を受ける側とで、双方が納得できるような対応が必要です。金額だけではなくアフターフォローの充実やいざ修理が必要になったときのフットワークの軽さは、その後の契約にも影響を及ぼしますので、よく考えることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *