コピー機をリースする際のメリット

事務所やオフィスなどで導入するコピー機を、購入かリースか迷っている人も多いでしょう。

イベント会場で短期間だけコピー機を導入する際も迷うかもしれません。リースなら代金全額を損金にすることができます。耐用年数は5年ですから、年に5分の1ずつ損金にしていきます。

購入の場合は減価償却分しかそうすることができません。カウンター保守契約を結べることもリースのメリットです。この契約ではコピーする際に必要なトナーは無料で、印刷枚数に応じて課金されます。保守については各メンテナンスを受けらます。通常の契約の場合はトナーを自分で用意しないければいけませんが、カウンター保守契約なら不要です。料金はトータルで見るとレンタルより安くなるでしょう。再リース契約の際はさらに安くなります。長期契約なので基本的に途中解約は不可ですが、解約した方がよくなったというケースはほとんどないです。

固定資産税に関しては資産にあたらないためかからないです。他の税金も生じません。レンタルできるコピー機は中古ですが、リースは新品ですし最新型の機器もあります。もちろん特殊印刷ができたり処理スピードが速かったりする、ハイスペックのものを選ぶこともできます。驚くほど綺麗にカラーコピーできるものもあるでしょう。必要があれば途中で他のコピー機に変えることもできます。購入と比べると審査や契約が複雑かもしれません。ですが、上記のようにメリットが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *