レンタルとリースだとどっちがいいのか(コピー機編)

会社が、営業活動をするためには必需品ともいえる存在なのがコピー機。

これがなかったら、手書き大切な書類を書き写すことになり、考えただけでぞっとしてしまう人もいるのではないでしょうか。コピー機を利用する場合、リースがいいのかレンタルの方がいいのかで悩む人も多いです。結論から言うと、それぞれメリットがことなるので自社に都合がいい方を選ぶのがいいでしょう。レンタルのメリットは、いつでも返却することができるのが魅力。装置が必要になる期間が正確にはいつになるかわからないときに最適です。たとえばですが、工事現場では終了時期がずれてしまうことがあり、そんな場合に向いています。リースのメリットは、費用の安さです。

コピー機をレンタルするより、月あたり数千円以上費用を節約できることでしょう。月に数千円違うと年間で数万円レベルでコストの負担が異なってくるので、無視できないです。それでは、始めからコピー機をリースすればいいのではと考える人もいると思います。

リースの場合は、一度契約すると契約書に定められた期間まで利用する義務が生まれてしまう基本的に途中解約できません。仮に、途中解約するとなると違約金が発生してしまいます。利用期間が短い場合にはレンタル、数年レベルで利用するならリースがいいのではないでしょうか。実際に利用する場合、どちら利用方法も見積を出してもらい具体的な数字を出して、お得な方を選ぶのがおすすめです。見積をだしてもらうのはすこし面倒だと思いますが、その手間が利益を生みだします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *