コピー機をリース導入しよう

コピー機をリースで導入するメリットは何でしょうか。

まず月々の支払いを経費処理することができますし、支払い金額は固定されていてランニングコストを把握することもできます。所有権がリース会社にあるゆえ固定資産税や減価償却などが生じず、手間がかかる事務作業が不要なところも大きなメリットです。

購入と違って導入の際にまとまった資金が必要ないことも魅力でしょう。その分を運転資金に回すことができるということです。審査が銀行借入れと違って非常に簡易なことも魅力的です。銀行借入れ審査に通らなかったという人もリース審査なら通るかもしれません。本審査の前に与信審査を受けることをおすすめします。

会社によって基準が多少違うので、心配な人はいくつかの会社の与信審査を同時に受けましょう。その料金は固定金利ですから、契約時に決めた年数を変更することは基本的にできないです。ただし、条件を満たしていれば変更できます。起業して間もなく余裕がないうち、また資金繰りが厳しい時はリース導入してください。導入できるコピー機は使い勝手の良いものです。その見積り書については無料ですし、早ければ1時間で提出されます。コピー機の性能など何か分からないことあれば問い合わせましょう。コピー機のリースはレンタルのように中古ではありません。最新の機種の契約をすることもできますし、多機能型を選ぶこともできます。途中で機種変更することももちろん可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *