コピー機をリースした場合と購入した場合

コピー機をリース契約で乗り切るか、思い切って購入してしまうかについては、色々と意見が分かれる所です。

このリースといった考え方が生じる理由は何点かあります。まず、コピー機械そのものの購入料金が高いといった特徴があることは確かでしょう。ペーパーレス社会と言われて久しいですが、実はそれ程ペーパーレスになっていないといったこともあります。印刷機械の高度化によって、紙への印刷量は実は増えてきているとも言われているのです。そんな中、コピー機械も多種多様な機能を持つパソコンめいたものに変わってきました。

そのため、値段が高くなったともいえるでしょう。リースといった考えが出てきた理由の二番目として、メンテナンスが面倒といった理由もあるでしょう。古い機械ならば、何となくで故障しても手直しで何とかなった場合も多かった時代と比較して、現在の機械は高度になっており、メンテナンスもしっかりやってくれるリース契約というのは、ユーザーにとっては望ましいものなのです。

そして三番目の理由ですが、多くの企業にとって、これから先、景気の先行きが不透明といったことが上げられます。そのため、高額な投資は危険で避けたいといった感じなのでしょう。損か得かの考え方ですが、リース契約の方が実は損が少なくて済むといった感じなのでしょう。コピー機械を購入するか、それとも借りてやり過ごすかは、色々な意見があるでしょうが、キャッシュで購入できないならば、買わない方が賢明な選択といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *