コピー機のリースのメリットについて

現在のオフィスにおいては必要不可欠な存在となっているのがコピー機の存在です。

どんなに小さなオフィスでもビジネスを行う上で非常に重要なツールとしての評価は不動であり、どこでも一台は導入されているという特徴があります。そんな便利なOA機器であるコピー機に関してはリースでの導入が広く行われています。これには様々なメリットがあるためなのです。例えばコピー機を購入する場合、導入する機器が大型のものである場合には購入当初にそれなりの金額が必要になります。そして購入したOA機器には固定資産税がかかることになるでしょう。

つまり買い取ることによって資産として計上され、税金の支払い対象になってしまうという問題が発生するのです。この点リースには様々なメリットがあります。リース物件である以上は購入したのとは違い、会社に所有権がありません。そのため課税対象にならないばかりかリース料は経費として計上することも可能になります。そのため一般企業にとってはメリットが大きく、これと言ったデメリットが無いのが特徴であると言えるでしょう。

コピー機の場合にはこの様な理由から買取による導入は非常に少なくなっています。また競争が激化している分野であるため、リース契約時の様々なオプションサービスも魅力的になってきています。印刷についてトナーの買取の他にカウンタ料金と呼ばれる一枚当たりの単価で請求する契約を結ぶことが出来るのもこの様な契約を行う場合の特徴であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *