コピー機はコストダウンのためにリースで

オフィスの備品は意外に経費がかかります。

とくにコピー機などは紙を大量に使いますので、塵もつもれば山となり驚くほどのコストがかかります。ましてこの機械を初期から購入していくと100万円単位になることもあります。また購入しても故障のたびにメンテナンスが必要でこの契約も締結しなければなりませんのでその経費も考えなくてなりません。そして技術の進歩は著しく2年もたてばもっとコストパフォーマンスのいいコピー機がでたりして購入するのが無駄に感じます。

こうしたコストカットに一番適しているのが、コピー機のリースです。リースではたいてい2年の契約をする場合が多く、技術や機能が時代遅れになる前にまた新しいリースで対応できるので購入と比べてコストパフォーマンスが断然いいです。また購入ほど初期費用はかかないのがポイントで月額使用料で契約するのが普通です。

またリースの契約には、必ずメンテナンス保証があり、壊れたとき別に料金が発生しないものが多く、破損がユーザーの故意によるものでないときは機体の取り替えも可能です。買うというよりも借りるといったほうが得で、買うと資産の扱いになり、減価償却資産の扱いになりますが、借りるなら完全に経費ですので税金のうえでも有利です。このようにリース契約は上手く活用すれば相当のコストカットになりますので、契約内容と数社比較して価格だけでなく、アフターフローについての吟味して検討すればいいと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *