コピー機のリース契約を把握する

コピー機を準備する方法として、リースと言う選択肢があります。

毎月料金を支払うことから、何となくレンタルや割賦販売のようなイメージを持たれている場合もありますが、リースはそれらの契約方法とは異なるサービス内容ですので、コピー機を手に入れる場合にはきちんとサービス内容を把握しておくことが大切です。リース会社はコピー機の在庫を持っておりませんので、契約をした際にベンダーからの購入することになります。その購入した機種を利用しますので、所有権はリース会社が持ったままになっております。

契約が満了した場合でも所有権はそのままですので、更に使い続ける場合は再契約を結ぶ必要などがあります。もし契約が満了したとしても、勝手に売却したり出来ないことも認識しておくことが必要です。また中途解約が出来ないことも、サービスの重要なポイントです。もし契約満了前に不要になったとしても、残債を支払わなければいけません。ですので、レンタルよりも割賦販売の方が、サービス内容としては近いです。

割賦販売と異なる点としては、固定資産税を支払わなくても良いことです。また月々支払う金額的にも割賦販売の方が高くなる傾向があります。リース契約のメリットは、初期費用を抑えられ最新機種を使用できることです。また減価償却費や固定資産税の計上なども必要ありませんので、事務の手間も省けることが可能です。ただし、中途解約が出来なかったり、所有物にならないなどの点が利用の際にはネックとなることもありますので、契約の際には良く検討することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *