コピー機のリースを賢く使うために

コピー機のリースには、効率良く使用する方法があります。

そもそもリースは長期に渡りコピー機を使用することが前提となっています。契約途中で解約すると、使用していない料金を一括で支払う必要が生じるためです。また、短期的に立ち上げる部署に使用するような用途には不向きととなります。けれども長く使うことによって費用の面ではレンタルとは異なりお得となります。そしてリースの場合であれば、新品で好きな機種を使用することができるようになります。

そこで、スキャナ機能などを備えた最新の使いやすいものを選ぶことによって、便利な使い方ができるようになります。共有する紙ベースの情報をPDFにして誰もが利用できるようになるわけです。コピー機を利用することでペーパーレスを推進することができるようになります。もちろん、紙ベースでの情報が完全に無くなるわけではないので、コピー機能はまだまだ必要とされるものです。また、コピー機にとって不可欠となるのはメンテナンスですが、リースの場合はカウンター料金というシステムで利用することになります。

これはコピー枚数が増えることに合わせて、その分単価を掛けて算出されるものとなりますが、そこには用紙やトナーといった消耗品の補充も含まれるものです。ランニングコストとしては把握し易いものとなるので経理の面でも予算を組む上ては非常に助かるものとなります。リース契約が満期を迎えても、そのまま格安料金によって使い続けることができるものとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *