コピー機をリース契約で使用する選択肢

企業などでコピー機を導入したい場合、その導入方法には買取りか、レンタルか、リース契約の3つの方法があります。

買取りはコピー機を購入することで、レンタルは希望する機種を借りることですが、コピー機のリース契約という言葉はあまり聞き慣れないと感じる方は多いのではないでしょうか。 リースというのは、利用者が希望する機種を、リース会社が代わりにメーカーやディーラーから購入して、利用者に長期にわたって貸与することで、携帯電話の契約の仕組みと少し似ています。

コピー機を購入する際にはまとまった金額が必要になりますが、リースでしたらそのような資金の問題は必要ありません。欲しいと思った時に初期費用をかけることなく、月々の支払いも固定された金額を支払うだけですから、気軽に使用することができます。また、月々支払う費用は、経費で落とすことも可能ですから無理をせず導入することができます。

これらのようなメリットがあると、会社を立ち上げたばかりで事業に多くの費用がかかってしまう場合でも、コピー機にかかる初期費用を浮かせることができますから、その分、事業の他の経費にあてることができるのです。また、契約が終了すれば、新しい機種に取り替えることもできますから、1つに機種に縛られることはありません。これが、購入の場合ですと、新しい機種に取り替えたい場合、高額な費用をかけたものを廃棄しなくてはならないですから、企業側に余計な負担がかかってしまうことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *